脂肪吸引施術後は

美容整形でも、簡単に見た目が変わることから、脂肪吸引施術も人気があります。簡単にできますが、やはり手術ですので、体にリスクがあります。そこで、術後のアフターケアが非常に大事になってくるので、そこを考慮して脂肪吸引施術をするようにして下さい。術後をどう過ごすかでダウンタイムも大きく変わってくることを覚えておいて下さい。

一般的な施術方法は、皮膚に穴をあけてカニューレという吸引管で脂肪を吸い取る、カニューレ吸引法です。吸引する際に、どうしても血管組織や結合組織などにもダメージを与えてしまうので、長期間のダウンタイムが必要になります。施術後の症状やダウンタイムの時間を少しでも短くする為に、正しい個人に合った、適切なアフターケアが必要になります。医師のアドバイスに従いましょう。

脂肪吸引施術後は腫れやむくみ、内出血などの症状が必ず出ます。そこで、ストッキングやガードル、サポーターなどで、圧迫してあげると、むくみなどが早く改善できます。施術は、どのような症状がでるかは個人差がありますが、改善するまで使用するようにします。 カニューレ吸引法で施術をした場合、切開した部位は縫い、1~2針ほど縫い合わせてありますので、通常は術後1週間後に抜糸を行います。病院によっては抜糸が必要ない糸を使用することもありますが、 安全性や術後の経過見る上でも、できれば抜糸を必要とする方法がより良いと言えるでしょう。

当サイトでは脂肪吸引施術のアフターケアについて紹介します。参考に正しいケアを行ってくださいね。

[特集]
大阪で脂肪吸引施術を検討している際に参考になる美容外科クリニックのサイトです・・・大阪 脂肪吸引

Copyright © 2014 脂肪吸引施術のアフターケア All Rights Reserved.